楽天モバイル 楽天回線エリア外でRakuten UN-LIMITを1ケ月使用してみた感想

雑記

こんにちは!ふみチッカです。

私は2年ほど前にドコモから楽天モバイルに乗り換えました。

楽天スーパー放題のプランS(データ容量2GB)で契約しておりしたが、
今回4月から始まった楽天モバイルのRakuten UN-LIMITに契約変更しましたので、
楽天エリア外の地域で1ケ月使用した感想をお話します。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えたときのお話はこちら

楽天回線エリアとパートナー回線エリアの違い

私の住んでいる四国は現在楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)となっています。

現在の楽天回線エリアについてはこちら

まだまだ楽天回線エリアの範囲は少ないですが、順次拡大中のようです。

大まかにいいますと、

楽天回線エリア:高速通信で完全使い放題

パートナー回線エリア:データ容量5GB/月で、容量を超えると1Mbpsで使い放題

となっています。

データ制限モードでデータ容量を使用しないで使うことも可能

ちなみにパートナー回線エリアでは、Rakuten Mobileというアプリ内で、簡単にデータ制限モードにすることができます。
データ容量を使いたくないな、置いておきたいなというときにデータ制限モードにしておけば、5GBの容量を使用せずに、1Mbpsで使い放題の状態にできます。

※ただし、5GBを全く使わなくても、次月へのデータ繰り越しはできないので、5GBは使い切るべし!です。

パートナー回線エリアの1Mbpsの使い心地は?

楽天回線エリアは、置いておいて、5GBを使い切ったあとのパートナー回線エリアの1Mbpsってどんな感じ?というのが気になるところだと思います。

試しにデータ制限モードにして1Mbpsで使用してみることにしました。

私のスマホ使用内容としては、

  • インターネット閲覧
  • SNS利用
  • Youtubeの動画閲覧

ぐらいでして、あんまりスマホを利用しないライトユーザーです。
(ライトすぎて参考にならなかったらすみません。)

結果、インターネットやSNSでは問題なく使用できます!

Youtubeでは動画の読み込みに多少時間がかかるかな?という感じですが、動画の閲覧は止まることなく、スムーズに閲覧できます。

データ制限モードでパソコンとデザリングして使用してみた

私のアパートではインターネット回線をひいておらず、ポケットwifiとかも契約していないので、スマホのデザリング機能を使って、パソコンを使用しています。

現在このブログもそのデザリング機能で作成していますが、スマホと同じく問題なく使用できています。
Yotubeの閲覧も動画の読み込みに多少時間はかかるが、閲覧はスムーズにできます。

結論:Rakuten UN-LIMIT パートナー回線エリアの1Mbpsはライトユーザーなら問題なく使える

私のようなインターネット閲覧・Youtube視聴くらいのユーザーさんでしたら、そんなに気にせず使えると思います。

一方、多少読み込みに時間がかかるため、サクサク使用したい方にとってはストレスを感じるかもしれません。

ただ、2021年3月には楽天回線エリアを全国に拡大予定とのこと。そうなったら、ほんとにストレスフリーでスマホやデザリングを使えるようになるので、すごく楽しみです。

 

私が使用している楽天スマホはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました