【株主優待】家電以外にも使えるヤマダ電機の優待券が届きました。

株主優待・ふるさと納税

こんにちは、ふみチッカです。

先日、私が保有しているヤマダ電機の株の優待券が届きました。

私がヤマダ電機の株を購入したのが、4年前。

私が初めて買った株がヤマダ電機です。

ひとり暮らしで、家電にも興味のない私が、なぜヤマダ電機の株を購入し、保有し続けているのか?

その理由や、株主優待券の利用方法についてお話します。

 

↓こちらのオリックスの株主優待もおすすめです。

ヤマダ電機の株を買って、保有し続けている理由

株価が安い

私が買ったのが1株550円でした。

100株購入したので、550×100株で55,000円。

これだけで株主優待がもらえるので安いです。

株価の変動が少ない

私は100株保有で保有株数も少なく、もともとの株価が安いので、株価が上下してもそんなに気になりません。

そもそも値上がり益ではなく、株主優待をもらう目的で保有しているため、株価の変動はそんなに気にならないのですが、それでも保有株がそんなに株価変動しないことは、心の安定につながります。

株主優待券がもらえる

ヤマダ電機の株主優待は、ヤマダ電機・ベスト電器の各店舗で使用できる「お買物優待券」です。

優待券は、1枚500円で、お買い上げ金額1,000円(税込み)ごとに1枚(500円)の利用が可能です。

保有株数や、保有期間の長さによって、優待券がもらえる枚数が異なります。

保有株数に応じた優待額

<3月末>
保有株数優待額
 100株~499株  500円分 
 500株~999株2,000円分
 1,000株~9,999株5,000円分
 10,000株以上25,000円分
<9月末>
保有株数優待額
 100株~499株  1,000円分 
500株~999株3,000円分
1,000株~9,999株5,000円分
10,000株以上25,000円分

ちなみにこの優待券には期限があり、

3月末日分の優待は、6月下旬発送で、7月~12月末まで利用可能で、

9月末日分の優待は、12月中旬発送で、1月~6月末まで利用可能です。

ちなみに配当金は

第43期(2019年4月1日~2020年3月31日)の配当金は、1株あたり10.00円でした。

前期、前々期は13円だったので、▲3円となっています。

ヤマダ電機の株主優待券の使い方

家電を買う際は、もちろん活躍するであろう、この優待券ですが、

ひとり暮らしで、家電にも興味がない私。

ヤマダ電機の株主優待券をどうやって使っているのか、と申しますと、

日用品の購入に使用しています。

みなさんご存じのようにヤマダ電機には家電だけではなく、日用品も置いています。

ティッシュやトイレットペーパー、洗剤、シャンプー、化粧品類。

さらに飲み物・お菓子、カップ麺やレトルト食品、缶詰などの食料品もあります。

生活していて、洗剤やペーパーが無くなった場合は、ヤマダ電機へ買いにいって、ちょうど1,000円くらいになるようにお菓子を買ったり、飲み物を買ったりしています。

意外と他のスーパーとかより安売りされているものがあったりして、お買い得なときがあるんですよ。

我ながらセコい感じはしますが、かなり家計が助かっています。

ものによっては、他のスーパーなどと比べて高いものもあります。
そういうものは優待券があるからと言って買わないようにしています。

最後に

私は家の近くにヤマダ電機があり、気軽に行くことができるので、優待も使いやすく気に入っています。

ひとり暮らしですと、100株分の株主優待で少なすぎず、多すぎず、ちょうどいいと思っているので、買い増しする予定もありません。

このまま保有し続ける予定です。

株主優待にご興味のある方、ぜひご自分の生活に合った優待を見つけてみて下さい。

本日は、お読み頂きまして、ありがとうございました。

 

実際にヤマダ電機のお買い物優待券を使ってみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました