給与明細の見方が分からない方へおすすめの本「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」

素敵な本たち

こんにちは!ふみチッカです。

本日は、マネー本のご紹介です。

突然ですが、みなさん給与明細の見方って分かりますか??

私は新入社員として働きはじめて、初めての給与明細を見ましたが、

・・・

項目がいっぱいあって複雑すぎてよく分かりませんでした。

とりあえず「差引支給額(=手取り額)」というのが実際に自分の口座に振り込まれる額なんですね、くらいの理解でした。

今回ご紹介する「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」は、まさにこの給与明細のお話から始まります。

お金に関する本といえば、たいてい貯金や節約や投資のお話になりますが、この本は身近なお金に関する気になっていることをやさしく解説してくれている本です。

わたしのように、給与明細の見方、税金とかもよくわかってないよーという方におすすめ本ですので、ご覧下さい。

この本は、実はニコニコ動画から生まれたものです

そうなんです、ニコニコ動画のニコニコ生活講座という動画が元になって作成されたものです。だからタイトルがそれっぽいんですね。ニコニコ生活講座とはニコニコ生放送の公式番組で、生活密着型のお勉強番組です。(ニコニコが多い・・・)

この番組で講師をされていたのが、公認会計士・税理士の山田真哉さんと、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さん。それに加えてニコニコ視聴者代表の社会学者の金田淳子さんの3人での番組でした。

ニコニコユーザーだった私もこの番組を視聴していましたが、この講座が人気を博した、ということで書籍化が決まったそう。

ちなみに確認してみましたら、この動画は今でもニコニコで視聴することができました。動画おもしろいので、ぜひ見てみて下さい。

この本でどんなことが学べるのか

本のタイトルに「~マネー話を4つください。」となっているように、この本では、ニコニコ生活講座の中で、人気のあった以下の4回分の講座の内容が、講座そのままに会話形式で記載されています。

 ①給与明細の読み方
  (社会保険料・税金・年金について)

 ②給与明細の読み方Z
  (①をもっと詳しく医療費控除・住宅ローン控除・ふるさと納税など)

 ③消費税
  (消費税の仕組み、課税・非課税について、増税前に買うべきものなど)

 ④カード頂上決戦
  (お得なクレジットカード、ポイントカードの紹介など)

項目を見て、え、これだけ??と思ったかもしれません。

お題目はこの4つになっていますが、もちろんそれぞれのところで内容が深堀りされています。

その中でも私が特に勉強になった、役立ったものをポイントでお話します。

 

ちなみにこの本の出版は2013年と古いです。本の内容は当時の情報に基づいて記載されているので、現在の制度と変わっている部分があるかと思いますので、ご注意下さい。

学生納付特例制度で猶予された年金保険料を追納しました

みなさんが気になっていると思う、年金。

年金の制度や、将来いくらもらえるのか、などの解説もされていますが、その中で「学生納付特例制度」で猶予された年金は支払った方がいいのか?というユーザーさんからの質問に回答するコーナーがありました。

そこで、ん??と気づいたのですが、わたし、20才を過ぎてるけども、大学生のときから年金払ったことないぞ、と。(ほんとに無知すぎてお恥ずかしい話)

あれおかしいな、と思って親に聞いてみると、「学生納付特例制度」の手続きをしていてくれたとのことで、学生時代は支払わなくていいようにしてくれていたそう。

そうなんじゃ、何からなにまでありがとう。

ですが、これは、支払いの免除ではなく、猶予なんですね。

ってことは私、これから支払わないといけないのでは?っとやっと気づきました。

支払いのことまでは親はフォローしてくれていなかったので(そこまで甘えるな)、ずっと気づくまで支払ってなかったんです。

将来もらえる年金を増やすためにも、支払えるなら追納するのがおすすめでとのことだったので、さらに10年以内であれば猶予された保険料を支払えるということを知り、さっそく年金事務所へ行って追納の手続きをしました。

ちなみに追納は一括で全額支払う必要は、ありません。
納付書を分けて渡してくれるので、支払い期限はありますが支払える額を都度、納付すればOKです。

※学生納付特例期間の承認を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、承認を受けた当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされますので、早めに追納した方がいいです。

私は気づくのが遅かったので、加算された額を支払いました・・・。

この本を読んでなかったら、気づいてなかったかも?ものごとを知っているのと、知らないのとでは、ほんとに大きな差があると痛感しました。

 

ふるさと納税、はじめました

今やすっかり定着していますかね、ふるさと納税。

年収や家族構成によって、寄付額の上限はありますが、実質、自己負担2,000円で特産品が頂けるという、素敵な制度です。

自分で寄付先を選べるのがいいですね。

私もこの本で知ってから、毎年ふるさと納税をしています。
これまで食品ばかり頂いておりまして、お米・カニ・お肉・さつまいも、おやきの詰め合わせなんかも頂いたことがあります。

こちらはリピートしているおススメの返礼品です。

 

本の中では、奈良県大和郡山市へのふるさと納税の返礼品でなんと 金魚がもらえる、というのが紹介されていました。金魚鉢などの飼育セットもついているそう。
地域の特色が出ていておもしろいですね。

 

ちなみに私が利用しているのは、「楽天ふるさと納税」です。
こちらを使用すると、楽天ポイントも付与されますし、ポイントを利用して支払うこともできます。
ふるさと納税するとなると、数万円という金額を支払うとこになると思いますので、ぜひポイントがたまってお得な楽天ふるさと納税の利用をおすすめします。

【楽天市場】ふるさと納税|ふるさと納税はじめてガイド - ふるさと納税とは
ふるさと納税って何?どうすればいいの?そんな疑問をお持ちの方のための、はじめての方でも簡単!ふるさと納税はじめてガイド。基本的な内容から分かりやすくご説明します。

知ってるようで知らないクレジットカードの仕組み

おもしろかったのがクレジットカードの仕組みについてのお話。

クレジットカードは使っていますが、仕組みについては気にしてなくって、そうだったのか~と納得しました。

ざっくり言いますと、
100万円の商品をお店で買うときに、カード払いするとします。
その場合、お店への代金の支払いは、カード会社が立替払いしてくれます。
そして後日自分の口座からカード会社によって100万円が引き落とされます。

ここでのポイントは、カード会社はお店へ100万円払うのではなく、手数料を引いてから支払うそうです。(下の図ですと手数料3万円とすると、97万円をお店に支払う)
手数料はお店側が負担するんです。

これはなぜかと言うと、お店側は100万円の商品はなかなか売れないので、高いものを買ってもらうように、カード会社に加盟するそう。手数料を負担しても商品が売れた方がいいですからね。

そしてカード会社は、もっとカードを使ってほしいから、使用者の方へポイント還元などを行うと。

こういう仕組みだそう。知らなかったです。

ちなみにこの本の中でのカード頂上決戦の勝者は、楽天カードに決定しました。
私もメインカードで使って、楽天経済圏生活をしています。

他にも、VISAやJCBやマスターなどの国際ブランドの話や、キャッシング・リボ払いの恐怖、カード現金化の危ない話など、興味深いお話が盛りだくさんです。

 

キリがないのでまとめ

書いていきますといっぱいあるのですが、ほんとにタメになるお話がこの小さな本にたくさんのっています。

そして掲載されているトークがニコニコ成分多めで、おもしろく学べる、というのが大きなポイント。

時おり金田さんや、山田さんが挟むマニアックな漫画・アニメの話は分かりませんが、雰囲気を感じるだけでなんだか楽しいです。

題名にあるように、手取り10万円台のわたしたちこそ、しっかりお金のことを学んで、大事なお金を残したり、有効に使っていきたいですよね。

気軽にお金のことを学べる本書で、わたしのマネーレベルがゼロから確実に上がりましたので、ぜひマネー初心者の方、読んでみて下さい!

それでは、本日は本当にありがとうございました!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました