リラックスタイムに読みたい本『眠れぬ夜はケーキを焼いて』の感想

エッセイ

こんにちは、ふみチッカです。

今回は、午後(ごご)さんのコミックエッセイ『眠れぬ夜はケーキを焼いて』の感想です。

 

コミックエッセイ『眠れぬ夜はケーキを焼いて』の概要

『眠れぬ夜はケーキを焼いて』の内容

KADOKAWAサイトより、紹介文をお借りしました。

きっと、大丈夫。孤独な夜に寄り添う12のレシピ

大変なことは多いけれど、
これだけたくさんのケーキをつくれるのならきっと大丈夫。
そう思うのです。

Twitterで大人気の作家・午後(ごご)さんが送る
眠れなくて不安な夜の過ごし方を提案するコミックエッセイ。

パウンドケーキやスコーン、ガトーショコラ、プリン、豆腐アヒージョなどのレシピ付き

KADOKAWAサイト

こちらの本は、2021年1月に発売された160ページのコミックエッセイです。

 

著者は午後さん

本作の著者は午後(ごご)さん。

Twitterでエッセイ漫画を発信されている方で、そのエッセイが書籍化されたものが本作です。

午後さんのTwitterはこちらです。

 

『眠れぬ夜はケーキを焼いて』の感想

表紙も中のページも、やわらかく美しい色あい

本の装丁がきれいだと、それだけでうれしくなります。

こちらの本の表紙は、きれいな淡いブルー。

そしてパラパラっとページをめくってみると、本書は全部カラーなんですが、どのページも淡い色あいで描かれています。

それがとてもきれいです。

 

お家でリラックスした状態で読むのがおすすめ

この本のおすすめの読み方は、お家でリラックスした状態でじっくり読むことです。

エッセイの中では、お菓子を作ったり、飼っている猫さんと触れ合ったりしながら、著者の午後さんの気持ちや考えていることが、書かれています。

急いでページをめくって読み進めるのではなく、ゆっくりと読む。

そうすると、エッセイのリズム感や空気感と一体となって、より本を味わうことができると思います。

 

絵本を読んでいるような感覚

わたしとしては、絵本を読んでいるような感覚で本書を読んだ気がします。

というのもそもそも午後さん自身の姿が、オオカミで書かれていること。

そしてその他に登場する人たちも、みんな動物の姿で書かれています。

それをわたし、最後に「あ、そう言えばみんな動物だったな」と気づいたんです。(鈍感すぎるお話)

= それくらい、午後さんの世界に入り込んで、読んでいました。

 

動物の姿であることを疑問に思ったり、つっこんだりせず、自然と受け入れていたのって、なんか絵本を読むときの感覚みたいと思いました。

動物が主人公で、動物がしゃべっていても何の違和感もない。

午後さん自身の性別とか、年齢とか、職業とか、そういうことを本書で語られていないことも、エッセイであるけれども、おとぎ話のような、ファンタジー感があって。

うまい言い方ではありませんが、”絵本を読んでいるような”感覚のように感じました。

 

お菓子のレシピがたくさん、そしてお菓子以外のレシピもおいしそう

本書ではお菓子のレシピが多数紹介されています。とてもていねいにレシピが書かれているので挑戦しやすそう。

しかし、残念ながらわたしは、オーブンを持っていない・・・

 

そんなわたしのような方、お菓子以外のレシピも紹介してくださっていますよ〜

そんな中で、わたしの一番のヒットが『簡単湯豆腐』。

わたし今までのかんたん湯豆腐と言えば、豆腐を器に入れてレンジで温めて、ポン酢をかけて食べるということをしていました(ズボラ飯すぎてはずかしい・・・)。

午後さんレシピによると、

器に豆腐を汁ごと入れて
豆腐の高さの半分まで水をいれます

そこに白だしを加えて
ラップをつけて500Wで2分間温める

ラップを外したら
あっという間に簡単湯豆腐の完成です!

『眠れぬ夜はケーキを焼いて』より

うん、簡単ですし、すごくおいしそう。

これからこの簡単湯豆腐にさせていただきます。白だし無いので買います(白だしないんかい)。

 

おわりに

午後さんのコミックエッセイ『眠れぬ夜はケーキを焼いて』の感想でした。

ぜひお家のリラックスタイムに本書を読むのをおすすめします。

本日はお読み頂きまして、ありがとうございました!!

それでは、また~

 

おすすめのエッセイ本はこちらです。

”暮らし系Youtuber”奥平眞司さんの著書「OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住」の感想
こんにちは、ふみチッカです。梅雨入りしてから、雨降りの日が多いですね。こんな雨の日は、家にこもってコーヒーでも飲みながら読書タイムです。本日は、奥平眞司さんの「OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住」のご紹...
爆笑するので必ず家で読みましょう 山本ゆりさん『syunkonカフェ雑記 クリームシチュウはごはんに合うか否かなど』
こんにちは、ふみチッカです。週末には図書館へ行って本を借りて読む、というのが趣味のひとつなんですが、現在は図書館が長期休館中ということで、自分が持っている本を読みなおしたりしています。そんな中から本日のおすすめの一冊をご紹...
『孤独のグルメ』の松重豊さんによる短編&エッセイ本「空洞のなかみ」
こんにちは、ふみチッカです。わたしの好きなドラマ、「孤独のグルメ」で主演をされている松重豊さん。最近は白髪がお似合いで、渋いかっこよさが増してらっしゃいます。今回ご紹介する本は、松重さんの初の著書!どんな文章を書かれるのか...
アラフォー女子の共同生活「オタク女子が、4人で暮らしてみたら。」
こんにちは、ふみチッカです。本日は、藤谷千明さんのエッセイ『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』のご紹介です。 それぞれに趣味を持つ女性たち4人がルームシェアをはじめるまでと、その生活がつづられています。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました